開運の宮 平石井神社

開運の宮  平石井神社


****************************************************
香川県高松市の栗林公園から東に真直ぐ2キロメートルの住宅と田んぼに囲まれた
静かな場所にあります。
こんもりとクロガネモチの大木の杜が遠くからでも見えます。
****************************************************

 曼珠沙華が秋の訪れを感じさせてくれるようになりました。
そろそろ神社の杜のどんぐりやギンナンが落ち始めます。

秋季大祭は月末の28日(土)午後4時から宵宮、29日(日)午後3時より大祭斎行です。
 

主な祭典

歳旦祭     1月1日

元日の午前零時より、新年の御祈祷をいたします。その後、ご希望の方の家族ごと、会社ごとのご祈願を行います。
参拝の方には甘酒のふるまいがあります。
元日の午前、午後の2回に分けて餅つきをいたします。つきたての餡入り丸もちを皆様にふるまっています。
奉納獅子舞もにぎやかです。

門松  巫女


お火たき     1月第2もしくは第3日曜日(今年は1月13日)

古神札・お守り、正月飾り等を感謝と共にお祓いをして、お焚き上げいたします。
この日に併せて
今里天満宮 勧学祭を斎行します。
    お勉強がよく出来るように、また受験祈願等の神事を行います。
    午前中、天満宮氏子・子供会父兄による【ぜんざい】のふるまいがあります。
    神社の神餅入りのぜんざいは皆様の評判です。
お火たき


春祭り     5月第2土曜日(今年は5月11日)

一年の稔りを祈願する祭りです。
この日に合わせて、神社内にある天満宮の大祭を行います。氏子有志による夜店や近在
の保育所の協賛による踊りや催し、老人会主催のカラオケや民謡も楽しめます。
空手道場さん有志による模擬試合や演武も圧巻です。


夏越大祓    6月30日  (茅の輪くぐり)

茅の輪 境内に6月末より、茅の輪を用意いたします。
一年の前半の罪・穢れを茅の輪をくぐり、お祓いいたしましょう。
人形(ひとがた)をご用意しており、希望の方は これに記入していただくと神社にて御祈祷の上、お守りをお送りいたします。


秋季大祭    9月の最終 土・日の予定です

(今年は 28・29日) 秋祭り1 秋祭り2

1年の収穫を感謝するお祭りです。
宵宮には夜店や様々の催しなどを楽しんでください。
大祭では神輿渡御、獅子舞、稚児行列などを行います。
9月に入りましたら、稚児行列の募集を致します。
2歳から小学校3年生までの子供さんが対象となります。


平石井神社は香川県の中で最も古い神社のひとつです。
文献に残る最初の記録は約1200年ほど前になります。
生駒讃岐守の時代には社地社領を寄付された、とあります。
樹齢400年を超すクロガネモチの大木が社を囲む杜を形作っています。
杜の木の洞には渡り鳥のアオバズクが春になると子育てのためにやって来ます。
冬の真っ赤な藪椿や秋の銀杏も皆さんを楽しませているようです。

御祭神   国常立大御神・応神天皇・神功皇后・玉依姫

国常立大御神様は 地球全体を守る大きな神様であり、人間を神様のところに押し上げる神様です。
自分を活かす方法を指導して下さいます。
ゆえに、当神社は”開運の宮”として皆さんに門戸を広げています。